軽やかに着こなせる、日常使いのショート丈アウター4選

  • 写真:加藤佳男
  • スタイリング:飯垣祥大
  • 文:Pen編集部

Share:

  • Line

サムネ1.jpg

今季のアウターの選択肢として、バサッと着脱できるショート丈アウターをお薦めしたい。カジュアルに袖を通せて、着席時の裾の長さも気にならない。ダウンやムートンファーなど防寒素材を選べば、真冬も心配なし。

TKS-01_1I0A6088.jpg

モコモコが大活躍、リバーシブルなムートン

ヴィンテージのミリタリーショートダッフルをムートンで再解釈。イタリアMOTTA社でなめされたムートンを使用し、熟練の職人によって革の裁断から縫製までを手がけた逸品。たび重なる試作の末、撥水加工も施している。毛皮とレザーのリバーシブル仕様で、毛皮面は視覚的にも体感的にもかなり暖か。¥242,000(税込)/シーオール(シーオール https://seeall.jp

TKS-02_1I0A6082.jpg

名門ブランドが放つ、ディテール映える新型

エンジニアド ガーメンツから新型ジャケットが登場した。丸みのある大きな襟や背面に配されたファスナー付きのゲームポケットが特徴。チンストラップ、ロゴが刻印されたスナップボタン、大小さまざまなポケットなど、細部へのこだわりも随所に見られる。¥73,700(税込)/エンジニアド ガーメンツ(エンジニアド ガーメンツ TEL:03-6419-1798)

TKS-03_1I0A6078.jpg

きめ細やかな質感と、大人配色のダウン

東京・麻布十番でギャラリーも展開している話題のファッションブランド、カル。写真はきめ細やかな80番手・双糸をブロック織りした生地に、樹脂加工を施した強撥水のジャケット。布地はコットン100%、リブ部分はウール100%で編み立てられている。MA-1型のシンプルなかたちに、茶×黒の配色もクール。¥96,800(税込)/カル(カル TEL:03-6441-3661)

TKS-04_1I0A6080.jpg

シルエットにメリハリのある、現代のスタジャン

なめらかなウールメルトンに特殊な加工をかけることで、毛羽を除去しフラットな表情に。身幅やアームホールなどは大胆に太く仕立てつつも、首回りや着丈はスッキリとまとめていて、単純なビッグシルエットとは一線を画す。アメカジの代表格であるスタジャンをモダンにアップデートした。¥74,800(税込)/グラフペーパー(グラフペーパー TEL:03-6418-9402)

※この記事はPen 2022年1月号「CREATOR AWARDS 2021」特集より再編集した記事です。

軽やかに着こなせる、日常使いのショート丈アウター4選

  • 写真:加藤佳男
  • スタイリング:飯垣祥大
  • 文:Pen編集部

Share:

  • Line

Hot Keywords