映画『浅草キッド』の見どころ&あらすじ。芸人ビートたけしの原点に迫る

  • 文:上村真徹

Share:

  • Line

ビートたけしの自伝的小説を劇団ひとりが監督を務めて映画化した、Netflixで配信中の『浅草キッド』の見どころやあらすじを紹介する。

【あらすじ】名もなき青年タケシは、いかにして“生きる伝説”となったのか

2112_PEN_AsakusaKid_01.jpg
深見に弟子入りしたタケシは、歌手を目指す踊り子の千春(左)らフランス座の仲間に見守られながら芸を磨いていく。

芸人として絶大な人気を集めるだけでなく、映画監督としても“世界のキタノ”と認められる北野武/ビートたけし。もはや現代の偉人と言っても過言ではない。そんな彼が浅草での下積み時代から人気芸人となるまでの日々を自ら綴った自伝的小説を、劇団ひとりが監督を務めて映像化。Netflixオリジナル映画『浅草キッド』として12月9日から独占配信されている。

舞台は昭和40年代の東京・浅草。大学を中退し“笑いの殿堂”フランス座のエレベーターボーイ兼裏方を勤めていたタケシは、数々の人気芸人を育て上げた深見千三郎に弟子入りを志願。笑いのテクニックからタップダンスやコントの技術、さらに「笑われるな、笑わせろ」「芸人だったらいつでもボケろ」といった芸人魂まで徹底的に注入される。

タケシが深見の元でめきめきと頭角を現していく一方、テレビの波に押されてフランス座の経営は悪化。そんな中、タケシがフランス座の元先輩キヨシに「一緒に漫才をしよう」と誘われる。自らの笑いの実力を確かめたいと思い始めたタケシは、外の世界で勝負しようと決意し、漫才コンビ「ツービート」を結成する。

---fadeinPager---

【キャスト&スタッフ】劇団ひとり監督の下、柳楽優弥ら実力派&個性派俳優が集結

2112_PEN_AsakusaKid_02.jpg
元先輩のキヨシ(右)に漫才の道へと誘われたタケシは、フランス座を飛び出して成功を目指す。

監督・脚本を務めるのは、幼少期からビートたけしに憧れていたという劇団ひとり。2014年に『青天の霹靂』で監督デビューを果たした後、次回作として「浅草キッド」の脚本化に取り掛かるも、企画の実現は難航。着想から7年越しでついにNetflixでの製作が決定した。

劇団ひとりが青年時代のタケシ役を任せたのは、『誰も知らない』で鮮烈なデビューを飾ってから若手実力派俳優へと着実に成長した柳楽優弥。作品ごとにガラリとイメージを変える役作りに定評のある彼が、たけし本人の独特な仕草や話し方をナチュラルに取り入れ、お笑いにイキイキと情熱を捧げる発展途上の若者として等身大に好演。さらに現在のたけしも特殊メイクで演じている。

タケシの師匠でもある“幻の浅草芸人”深見に扮するのは、映画・ドラマ・バラエティと縦横無尽に活躍する現代屈指のエンターテイナー、大泉洋。きっぷのいい生き方から粋な着こなしや軽快なタップダンスに至るまで、昭和の香りを色濃く放つ芸人像を印象的に体現している。他にも彼らをめぐるキャラクターとして、タケシと共に夢を追いかけるフランス座の踊り子・千春役に門脇麦、タケシとツービートを結成するキヨシ役に土屋伸之(ナイツ)、深見の妻・麻里役として鈴木保奈美が出演。個性派俳優たちが織りなすハートフルな人情模様も見どころだ。

---fadeinPager---

【見どころ】芸を通じて育まれる不器用な師弟愛に笑い泣き

2112_PEN_AsakusaKid_03.jpg
弟子として行動を共にする中で、タケシは深見(左)からお笑いの真髄を学んでいく。

本作で全編を通して描かれているのは、まだ何者でもない青年・北野武が、「ツービート」として一世を風靡する人気芸人へと成長していくサクセスストーリー。フランス座でひたすら純粋にお笑いの腕を磨き続けるタケシの青春の日々が、CGを駆使して再現された古き良き1970年代の浅草を背景に、ノスタルジックな輝きを放って映し出されている。深見とタケシの師弟が交わすとぼけたやり取りをはじめ、その後の“ビートたけし”の芸風とつながるエピソードも随所に盛り込まれていて、浅草での下積み時代、そして師匠の存在が偉大なる芸人の礎になっていることが雄弁に伝わってくる。

さらに見る者の心を揺さぶる物語の軸となっているのが、深見とタケシが織りなす師弟愛のドラマ。懸命に芸を磨き成長していくタケシのことを深見が「こいつはひょっとしたら、ひょっとするかも」と徐々に認め、どこか漫才の掛け合いのような憎まれ口を叩き合って絆を深める不器用な2人の姿に、笑いと一緒に熱いものが胸にこみあげてくる。「バカヤロー」という深見の口癖も、文字通りの罵倒や愛情の照れ隠しなどその時々の心情が透けて見えて面白い。

夢を追う若者の瑞々しいサクセスストーリーであり、懐かしさと切なさをかきたてられる青春ドラマ。そして、ビートたけしの原点・浅草と亡き師匠への感謝が詰まったラブレターとしても良質な作品である。

『浅草キッド』

監督/劇団ひとり
出演/大泉洋、柳楽優弥ほか 2021年 日本映画
2時間3分 Netflixで全世界独占配信中

関連記事

劇団ひとりインタビュー|多才なる表現者が挑んだ、あの芸人の若き日々【創造の挑戦者たち#60】

---fadeinPager---

映画『浅草キッド』の見どころ&あらすじ。芸人ビートたけしの原点に迫る

  • 文:上村真徹

Share:

  • Line

Hot Keywords