軽快に羽織れる、シャツタイプのレザーウエア3選

  • 写真:加藤佳男
  • スタイリング:飯垣祥大

Share:

重い印象になりがちなレザーウエアも、シャツタイプであればさらりと軽快に。ここでは、春先にピッタリな3着を紹介したい。

1. POLYPLOID

01_1I0A9778.jpg
¥159,500/ポリプロイド(ライコス TEL:03-5829-3501)

小ぶりな襟元に対し、ゆったりした身幅が特徴的。タンナーがストックする規格外の馬革を有効利用すべく、傷や筋のある箇所も含んだスムースレザーを採用。通常よりも手間をかけてオイル仕上げを施しているため、ハードな印象にならず上質感も漂う。

---fadeinPager---

2. CALE

02_1I0A9772.jpg
¥132,000/カル(カル TEL:03-6441-3661)

独特なカラーリングや、クラシックな服づくりが魅力のカル。こちらはスペイン原産のラムレザーを用いた、裏地の付かない一重仕立てのシャツ。ヴィンテージのようなくすんだグリーンの色みや繊細な針の運び、縦長の美しいシルエットなど、アンニュイな表情を見せる。

---fadeinPager---

3. CCU

03_1I0A9774.jpg
¥83,600/CCU(CCU t.kaneko@neover.com)

レザーブランドが手がけた、デイリーユースにも最適な一着。素材は、やわらかくもコシのあるイギリス製のシープレザーだ。シープ独自の艶感をおさえた加工や胸元に配されたポケットなど、レザーシャツを気軽に取り入れやすい工夫が随所に施されている。

※この記事はPen 2024年3月号より再編集した記事です。