現代アーティスト・AKI INOMATAが着目する、ベルナルドのクリエイティビティ

  • 写真:河内 彩
  • スタイリング:川上麻瑠梨
  • ヘア&メイク:久保フユミ(ROI)
  • 文:久保寺潤子
Share:

1863年創業のベルナルドは、フランスを代表する磁器ブランド。職人による伝統技術を継承しながら革新を続け、多くのアーティストたちとのコラボレーションも行ってきた。そんなベルナルドの多彩なラインアップが揃う東京・表参道のフラグシップストアを、現代アーティストのAKI INOMATAが訪れた。

伝統を守りながら、挑戦を続ける磁器の魅力

240605_329+.jpg
AKI INOMATA●さまざまな生き物と協働しながら作品を制作し、人と生き物の関係を再考する。代表作に3Dプリンターでつくった貝殻をヤドカリに渡した「やどかりに『やど』をわたしてみる」シリーズなど。作品はMoMAや南オーストラリア美術館、金沢21世紀美術館に収蔵されている。

今年2月から3月にかけてロンドンのデルフィナ財団でアーティスト・イン・レジデンスに参加したINOMATAは、「イギリスの美術館や博物館では、セラミックを使った作品を多く目にしました。この素材には多彩な可能性が秘められていると感じます」と話す。ベルナルドのブティックにはフランス王朝時代から受け継がれてきた伝統的な絵皿から、現代アーティストとのコラボ作品まで、ブランドの歴史を物語る幅広い製品が並ぶ。

「ジェフ・クーンズやJR、ソフィ・カルにマリーナ・アブラモヴィッチ……ベルナルドには、個性豊かなアーティストとコラボレーションできる度量の広さを感じますね。技術力があるからこそ、磁器の可能性を広げることができるのだと思います」

240605_371+.jpg
表参道のブティックでは、クラシックな柄やアーティストとコラボしたモダンなデザインなど、時代や作風も異なるさまざまな絵皿が棚に並ぶ。下段左から2番目はマルク・シャガール、3番目はジョアン・ミロとのコラボレーション。

ベルナルドの製品はフランス磁器の一大産地、リモージュでつくられている。長石や珪石、カオリンといった天然の鉱物を原料とし、1,400℃もの高熱で焼きあげる磁器はなめらかで真っ白な質感が特徴だ。INOMATAはその素材や製法に興味を惹かれるという。

「石をすりつぶしてつくる磁器は、壊れても土に還ることができる。私は生き物が持つクリエイティビティに着目してリサーチを行い、作品を制作しています。自然物を使って製品をつくり続けているベルナルドともいつかコラボレーションできると嬉しいです」

240605_141+.jpg
幅広いラインアップの中でも、特にモダンなデザインに惹かれるというINOMATA。

---fadeinPager---

生き物の「つくる力」をテーマにしたものづくり

240605_192+.jpg
お気に入りだという「オーゾワゾー」シリーズのシュガーを手に取るINOMATA。鳥の絵柄に眼を凝らす。

人間以外の、生き物がつくり出す能力に着目するINOMATA。木の枝を集めて巣をつくるビーバーや、枯葉を重ねて蓑をつくるミノムシ、殻を利用して身を守るヤドカリなどのふるまいを観察し、コラボレーションする試みを重ねてきた。

「ヒト以外の生き物に目を向けることで、人間中心主義から脱却できないだろうか、と考えています。ヒトがヒトのことだけを考えるのではなく、さまざまな生き物が複雑にあやとりをするように共存する世界を感じたい」

そんなINOMATAが注目したのが、「オーゾワゾー(鳥)」シリーズ。秋色に染まった鳥が金色の枝に止まる姿を描いたコレクションだ。これはナポレオン時代につくられたテーブルウェア「ジャルダン・デュ・ロワ」を現代版にアレンジしたもの。鳥の絵は、18世紀に刊行された『博物誌』でその姿を克明に描いた博物学者ジョルジュ=ルイ・ルクレール・ド・ビュフォンの挿絵へのオマージュとなっている。

「昔の百科事典を思わせる、博物誌的なタッチが好きです。製作の経緯を聞くと、より愛着が湧きますね」

240605_356+.jpg
金色に絵付けされた抽象的な枝と、博物誌的な鳥の絵柄がモダンな印象。右からデザートプレート(φ21cm)¥20,350、ティーポット75cl¥103,400、シュガー¥75,900/すべてベルナルド

鳥のデッサンに歴史へのオマージュを込めながら、抽象化された木の枝がリズミカルでモダンな印象を与えるこのテーブルウェアは日本でも人気のシリーズだ。

アーティストとして、ものをつくることの意味を問い続けるINOMATAは、「現代は人間が自然をコントロールし続けてきた結果、自然からしっぺ返しを受けている」と言う。一方でベルナルドは1世紀半にわたり、サステイナブルな素材を使って人間のクリエイティビティを追求してきた。INOMATAとベルナルドの出合いは、「つくる」という行為を通じて未来へと響き合う。

 

商品の詳細を見る

ベルナルド

www.bernardaud.com/jp/jp