映画『犬王』のあらすじと見どころ。鬼才・湯浅政明が描く、"能楽"ミュージカルアニメ

  • 文:上村真徹

Share:

  • Line
©2021 “INU-OH” Film Partners

室町時代に実在した能楽師を主人公とする古川日出男の小説を、日本アニメ界きっての鬼才・湯浅政明監督が映像化したミュージカルアニメ『犬王』のあらすじと見どころを紹介する。

【あらすじ】異形の能楽師と盲目の琵琶法師が“新時代のポップスター”として都の民衆を熱狂させる

2205_PEN_inuoh_01.jpg
呪いによって視力を失った琵琶法師の友魚は、自分と同じ“はみ出し者”である猿楽能比叡座の棟梁の息子・犬王と意気投合する。©2021 “INU-OH” Film Partners

異形の能楽師と、盲目の琵琶法師。室町時代に京の都で出会った二人の若者が、伝統芸能の常識をぶち破るパフォーマンスを次々と披露する──。『平家物語』の現代語訳版を手がけた小説家・古川日出男がそのスピンオフとして独自に紡ぎ上げた『平家物語 犬王の巻』を、湯浅政明監督が大胆不敵なイマジネーションを駆使して映像化したミュージカルアニメ『犬王』が5月28日から劇場公開される。

平家の時代から約200年後の室町時代。友魚とその父親は、かつて戦に敗れた平家の骸と遺物が眠る壇ノ浦の海へ漕ぎ出し、平家と共に海に没したという三種の神器の一つである「剣」を探そうとする。だが、友魚の父は剣に宿る呪いを浴びて命を落とし、友魚も両目の視力を失ってしまう。その後、一人で都へ向かった友魚は、その道中で琵琶法師・谷一と出会って弟子となり、友一という名を与えられる。

都にたどり着いた友一は、ある少年と出会う。猿楽能の一派・比叡座の棟梁の息子である犬王だ。異形の犬王は犬のように屋外に放り出されて育ったものの、父から能楽師の才能を受け継ぎ、その特異な体つきを活かして人とは違う舞を舞っていた。音を奏でる者と舞う者。ぴたりと息の合った彼らは一瞬にして意気投合し、従来とは異なる新しいパフォーマンスで都の民を熱狂させる。

---fadeinPager---

【キャスト&スタッフ】トップクリエイターたちの才能が結集

2205_PEN_inuoh_02.jpg
犬王は瓢箪の面をかぶり、己の異形が人々の目を引くのをあえて楽しむかのように都大路を駆ける。©2021 “INU-OH” Film Partners

“現存する世界最古の舞台芸術”能楽という伝統世界を斬新な解釈で描いた小説『平家物語 犬王の巻』を映像化するにあたって、日本を代表するトップクリエイターたちが集結した。監督を務めるのは、『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』などでアニメ界の名だたる賞を次々と受賞している湯浅政明。脚本はTVドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』や映画『罪の声』など数々の話題作を手がける野木亜紀子。キャラクター原案は『鉄コン筋クリート』『ピンポン』などで知られる漫画家・松本大洋。さらに、NHKドラマ『あまちゃん』や映画『花束みたいな恋をした』の大友良英が、琵琶と現代ロックを融合したボーダーレスな音楽を響かせる。

圧倒的なカリスマ性と歌唱力を誇る異形の犬王を演じるのは、人気バンド「女王蜂」のボーカル・アヴちゃん。その相棒となる琵琶法師・友魚を演じるのは、幼いころからダンスを学び、ミュージカル出演経験も多い実力派俳優・森山未來。共に豊富なステージ経験を持つ二人が、その圧倒的な存在感を声の演技で体現し、異色かつ最強のコンビにリアルな実在感を与える。柄本佑、松重豊、津田健次郎ほか、脇を固める声優キャストも魅力的だ。

---fadeinPager---

【見どころ】時代を超越した能楽ロックオペラ

2205_PEN_inuoh_05.jpg
まるでロックギターのように琵琶を激しくかき鳴らし、室町時代の聴衆が感じた衝撃と興奮を追体験させる。©2021 “INU-OH” Film Partners

本作の醍醐味は何と言っても、“室町時代のポップスター”として大胆に再解釈された能楽師・犬王の斬新なパフォーマンスに尽きる。まず湯浅監督が先に振付と歌詞を考案してから大友良英が映像にぴったり合うように楽曲を制作し、さらにアヴちゃんがパフォーマーとして歌詞や歌唱法をアレンジ。海外の映画祭で「ロックオペラ」とも評された音楽と映像との驚異のシンクロに、さながらフェスに参加しているような高揚感が湧き上がり、思わず体が踊り出すはず。

また本作は音楽アニメーションとしてだけでなく、「人知れず無念に消えて行った人々に光を当てる」という、『平家物語』の栄枯盛衰にも相通じるテーマも興味深い。湯浅監督が「ビートルズが出て来た時代のような熱狂を意識した」と語る、犬王と友魚のロックミュージシャンのような成り上がり。そして、後世にこそ語り継がれなかったものの、互いに認め合う同志として確かにそばにいた二人の絆。日本の知られざる歴史とその中に埋もれた者たちを身近な存在として追体験させる、映画の力を実感できることだろう。

奈落の境地からはい上がっていく男たちのサクセスストーリーと諸行無常を、現代を代表するクリエイターたちが時代考証にとらわれず自由奔放に織りなす──。時代もジャンルも超越した新感覚ミュージカルアニメが、未体験の興奮へと誘う。

『犬王』

監督/湯浅政明
声の出演/アヴちゃん(女王蜂)、森山未來ほか 2022年 日本映画
2時間11分 5月28日(土)全国ロードショー

---fadeinPager---

映画『犬王』のあらすじと見どころ。鬼才・湯浅政明が描く、"能楽"ミュージカルアニメ

  • 文:上村真徹

Share:

  • Line

Hot Keywords