人類のクオリティ・オブ・ライフを向上させる革新的なプロジェクトを支援する「ロレックス賞」の応募受付がスタート

  • 文:青山 鼓

Share:

  • Line

「ロレックス オイスター」。世界初の防水腕時計として知られるこの時計は、過酷な環境に挑む多くの探検家に同行し、彼らのサポートをしてきた。

1976年、ロレックスは「ロレックス オイスター」の誕生50周年を記念して「ロレックス賞」を創設。この賞は、地球を守り人類に恩恵をもたらし、世界を変えるようなプロジェクトを持つ先見性のある人を顕彰し、支援するものだ。2019年からはロレックスのパーペチュアル プラネットの取り組みの一環として、今日の環境問題を理解し、科学的に解決しようとする人々や組織の支援も行なっている。

現在、2023年度ロレックス賞の応募受付が開始されている。18歳以上であれば国籍に関係なく誰でも、5つの分野(科学と医療、環境、応用技術、探検、文化遺産)において応募することが可能だ。

応募内容はロレックスが指名した専門家チームにより分析され、国際的に著名な科学者や専門家たちからなる選考委員により5人の受賞者が選ばれる。

受賞者にはプロジェクトを遂行するための資金が提供され、世界的な認知が得られる一方で、ロレックスの受賞者のコミュニティにアクセスし、アドバイスや指導を受けることができる。

創設以来、ロレックス賞には190カ国から約35,500人の応募があり、155人の受賞者が選ばれている。最年少は24歳で、最年長は74歳だ。

ken_6101.jpg

2021年度ロレックス賞受賞者のヒンドゥ・ウマル・イブラヒムはチャド出身。先住民から受け継がれてきた知識を活用し、アフリカ・サハラ砂漠南縁部の半乾燥地域であるサヘル地域の天然資源のマッピングを行い、気候変動による民族間の対立を防ぐ取り組みを行っている。
©Ami Vitale

ロレックス賞受賞者たちの世界への貢献は目覚ましい。これまでに2,300万本の植樹をし、ユキヒョウからタツノオトシゴに至るまで43の絶滅危惧種を保護し、57,600km²のアマゾン熱帯雨林を含む30の主要な生態系の保護活動を行い、何百もの新種を発見するなど、活動領域は多彩だ。

受賞したプロジェクトの中には、砂漠地帯で食物を冷やして保存するための2つの土のポットを使用したシステムといったシンプルなものから、歩行困難な人を助ける電子インプラントのようなハイテクな試みまで多岐にわたる。

gcp2019_130719_rm_rshone_178_r.jpg

2021年度ロレックス賞受賞者のジーナ・モズリーはイギリス出身。北極圏の気候変動に関する知識を深めるために、地球最北端の洞窟を探索する初の遠征隊を率いることを目指している。
©Robbie Shone

2023年度ロレックス賞の応募締め切りは、2022年10月17日。我こそはという強い情熱と意志を持つ方は、ぜひ応募を。

ロレックス賞
https://www.rolex.org/ja/rolex-awards

ロレックス賞への応募はこちら

人類のクオリティ・オブ・ライフを向上させる革新的なプロジェクトを支援する「ロレックス賞」の応募受付がスタート

  • 文:青山 鼓

Share:

  • Line

Hot Keywords