東京・銀座のポップアップストアで、ラドーのスタイリッシュ&アーティスティックな腕時計を吟味しよう

  • 文:笠木恵司

Share:

  • Line
写真左:ラドー初のポップアップストアがオープンする東京・銀座のニコラス・G・ハイエックセンター。中央通りに面した1階でモノブロックのセラミック製腕時計「トゥルースクエア」コレクションを展示・販売する。写真右:「トゥルースクエア オートマティック オープン ハート」。オープンワークを施したダイヤルから自動巻きムーブメントが視認できる。ケース怪38㎜。右上はインデックスに12ポイントダイヤを配したホワイトモデルで¥363,000、右下のブラックモデルは¥291,500。

軽量で傷がつかないハイテクセラミック時計のパイオニアであり、斬新でハイセンスなデザインでも知られるラドーが、6月28日から7月26日まで東京・銀座のニコラス・G・ハイエックセンター1階でポップアップストアをオープン。ポップアップでは、モノブロック構造(一体成形)のハイテクセラミック製「トゥルー スクエア」コレクションを展示・販売する。ダイヤルにオープンワークを施した最新モデルだけでなく、世界の第一線で活躍するクリエイターとのコラボレーションモデルも勢揃いする、貴重な機会になるはずだ。

会場となるニコラス・G・ハイエックセンターは、ブレゲやオメガなどスウォッチグループの時計7ブランドのブティックを擁するほか、時計の修理やメンテナンス専門のカスタマーサービスも設置。ビル1棟すべてが時計に特化した稀有な施設であることから、「時のランドマーク」と呼ばれる。ポップアップを開催する1階は、中央通りと裏通りをつなぐ「アベニュー・ドゥ・タン(時の道)」として、自由に往来できる空間になっている。壁面は花と緑で埋め尽くされており、優れたアートセンスで造形された「トゥルー スクエア」を吟味・選択するにふさわしい雰囲気といえるだろう。

---fadeinPager---

革新的な素材を美的にデザイン

cat_trueSquare_YOY_763_6075_3_015.jpg
cat_trueSquare_763_6076_3_001.jpg
左:「トゥルー スクエア アンデジタル」。日本人のデザイナーデュオ「YOY (ヨイ)」による、デジタルのように見えて実はアナログ時計という意表をつくモデル。自動巻き、ハイテクセラミックスケース、ケース径38㎜、パワーリザーブ約80時間、50m防水、¥290,400。写真右:「トゥルー スクエア フォルマファンタズマ」。イタリア人のデザイナーコンビ「フォルマファンタズマ」によるモデル。懐中時計の閉ざされた時間を開放的な腕時計で表現した。自動巻き、ハイテクセラミックスケース、ケース幅38㎜、パワーリザーブ約80時間、50m防水、¥314,600。

ラドーは1986年に世界で初めてハイテクセラミックを腕時計に導入。長年にわたって高度な技術を蓄積してきた。その一方で、優れたデザインセンスも創業以来のDNAであり、国際的な賞を数多く獲得するだけでなく、著名なデザイナーとのコラボレーションも活発に展開してきた。

先駆的なセラミック加工技術と美しいデザイン。この2つのアドバンテージを端的に象徴するのが「トゥルー スクエア」だ。ペースト状にしたセラミック材料を金型に射出して成形するモノブロックケースでは初の正方形であり、継ぎ目がまったくないボディは滑らかで装着感も心地良い。ハイテクセラミックは硬度が高く、傷がつきにくいので、さまざまなシチュエーションに遭遇する普段使いにも最適だ。

cat_trueSquare_763_6074_3_015.jpg
cat_trueSquare_763_6070_3_020.jpg

写真左:「トゥルー スクエア テジ・チャウハン」。英国の著名なインダストリアルデザイナー、テジ・チャウハンが手がけたモデル。原色が彩るポップカルチャーと未来的なエッセンスを融合。自動巻き、ハイテクセラミックスケース、ケース径38㎜、パワーリザーブ約80時間、50m防水、¥225,500。写真右:「トゥルー スクエア オーバー・ジ・アビス」。インド・ニューデリーのアーティストデュオ、トゥークラル&タグラがデザインした花火のようなダイヤルをもつモデル。ブルーからピンクのグラデーションが美しい。自動巻き、ハイテクセラミックスケース、ケース径38㎜、パワーリザーブ約80時間、50m防水、¥345,400

今回のポップアップストアでは、機械式ムーブメントをダイヤルから見られるようにした大胆なモデル「オープンハート」はもちろん、世界的に評価されているトップクリエイターとコラボレーションしたアーティスティックな作品も展示される。

最先端のハイテク素材を、常識にとらわれることなく、ユニークで美しく、機能的に造形するのが「マスター・オブ・マテリアル(素材の名匠)」とされるラドーの真髄であり、今回のポップアップストアには通常ではなかなか見ることができないモデルも出品される。会期中の購入者にはオリジナルギフトも贈呈されるので、スタイリッシュな時計、アーティスティックな時計を探している人は、ぜひ銀座まで足を運んでいただきたい。

ラドー トゥルー スクエア ポップアップストア

期間:2022年6月28日(火)〜7月26日(火)
営業時間:午前11時〜午後7時(平日)、午後12時〜午後7時(土日、祝祭日)
場所:東京都中央区銀座7丁目9-18 ニコラス・G・ハイエックセンター1階

問い合わせ先/ラドー / スウォッチ グループ ジャパン TEL:03-6254-7330

Hot Keywords