異国への想いをかき立て、空の旅を支えるGMT搭載ウォッチ【2022年新作腕時計】

  • 写真:渡邉宏基(LATERNE)
  • 文:篠田哲生

Share:

  • Line

パイロットからの要請によって開発され、2地点の時刻を同時に表示することができるGMT搭載機。今回は、そんなGMT機能を搭載した新作腕時計をピックアップした。

6月28日発売のPen8月号「アイデアと行動力で世界を動かす、“仕掛け人”を探せ!」の第2特集「スポーツウォッチ最新案内」から一部を抜粋して紹介する。

PARMIGIANI FLEURIER(パルミジャーニ・フルリエ)
トンダ PF GMT ラトラパンテ

116.jpg
自動巻き、SSケース&ブレスレット、ケース径40mm、パワーリザーブ約48時間、シースルーバック、60m防水。¥3,289,000/パルミジャーニ・フルリエ eメール:pfd.japan@parmigiani.com

8時位置のプッシュボタンを押すと時針が1時間単位でジャンプし、ローカルタイムへと素早く時差修正。その際に動かないゴールド針がホームタイムとなる。リューズ上のプッシュボタンを押すと、ローカルタイム針がホームタイム針にピタッと重なり、2針表示となる。複雑な機構を搭載しながら、ケース厚は10.7mmと薄型だ。ベゼルはプラチナ950製。

TUDOR (チューダー)
ブラックベイ プロ

117-1.jpg
自動巻き、SSケース&ブレスレット、ケース径39mm、パワーリザーブ 約70時間、200m防水。¥455,400/日本ロレックス / チューダー TEL:0120-929-570

オレンジ針がホームタイム表示で、24時間式ベゼルと組み合わせて使用。センター時針がローカルタイムで、リューズ操作によって1時間単位で修正ができる。カレンダーもローカルタイムと連動し、旅先での利便性は高い。搭載ムーブメントは自社製の「Cal.MT5652」。シリコン製のヒゲゼンマイを使用して耐磁性を高め、高精度の証しであるCOSC認定クロノメーターも取得。

GRAND SEIKO(グランドセイコー)
エボリューション9コレクション スプリングドライブ クロノグラフGMT

06137dc412adf51734821849ce371510462e0f76.jpg
自動巻きスプリングドライブ、ブライトチタンケース&ブレスレット、ケース径45.3mm、パワーリザーブ 約72時間、シースルーバック、10気圧防水、世界限定700本。 ¥1,430,000/セイコーウオッチ お客様相談室 TEL:0120-061-012

積算計を縦配列する個性的なルックスで人気の高いクロノグラフGMT搭載モデルが、新たなデザイン文法である「エボリューション9スタイルとなって登場。光と影、その中間の陰影を愛する日本の美意識が投影されたブルーダイヤルに、黄色のGMT針を合わせ、美しさを保ちながら視認性を高めた。

関連記事

※この記事はPen 2022年8月号「“仕掛け人”を探せ!」の第2特集「スポーツウォッチ最新案内」より再編集した記事です。

Hot Keywords